インスタグラムの画像を活かしてショップツールデザイン作成するなら

新しいカテゴリーを作りました!
「(コドル文具内の)デザイン商品の選び方」

作りたいイメージに近いデザイン商品はどれか、お店の強みを活かすのはどんなショップツールか。
デザイン商品特徴の整理や、まとめをした記事を書いていこうと思っています。

販促の知識も絡めて書きますので、読み物としてもどうぞ。

まず、第1回はこちら。

インスタグラムの画像を活かしたショップツールデザイン作成のススメ

インスタグラム ショップカードデザイン作成
※もちろん、インスタにアップしていなくてもOKです!

  • 写真を撮るのが得意
  • インスタグラムも結構人気アリ
  • プロのカメラマンにお店や商品を撮影してもらった
  • という方には、画像を使ったショップツール作成がおすすめです。

    おすすめする主な理由は

    当たり前だけど、写真だと雰囲気が伝わりやすいですね。
    雰囲気が伝わると何がいいかというと、

  • お店や商品の良さがダイレクトに伝わる
  • お客さんの安心材料になる
  • ということです。

    逆に、写真が苦手、プロに撮影してもらっていない、という方は無理をせず
    画像なしのショップツールを作成するのがおすすめです。

    「お店(商品)のキレイな画像がある」のは大きなアドバンテージです。ぜひ活かしてショップツールを作成しましょう!

    インスタでショップツールデザイン作成をおすすめする業種は

  • お客さんに直接触れて施術する:ネイルサロン、エステサロン、整体院、など
  • お客さんがパーソナルな情報を開示する:秘書、パーソナルアシスタント、コーチングサービス、コンサルタント、など
  • 使用シーンがわかりづらい商材を扱っている:アパレル、アクセサリー、珍しいアイテムやサービスを扱うお店、など
  • 今回の購入を実店舗への来店につなげたい:ネットショップなど
  • お客さんが店内の雰囲気も重視する:ヨガなどのスタジオ系、レッスン・教室系、など

    どれもお客さんが、お店に対して安心できるか、が来店・購入・成約のカギとなります。

    どんなショップツールが作れるの?

    ショップカードとしても名刺としてもデザイン作成できる
    ショップカード 名刺デザインsc_09

    シンプルなショップカードデザイン
    ショップカード 名刺デザインsc_09
    キーカラーは20色からお好みのものをセレクトできます。

    ショップカショップカード シンプル
    ▲制作事例:ユニフォームブランドさんのショップカードデザイン
    関連記事:ユニフォームブランドさんのショップカードをデザインしました

    フラワーレッスン ショップカード デザイン
    ▲制作事例:フラワー ハーバリウム教室さんのショップカードデザイン
    関連記事:ショップカードをデザイン作成!ボタニカル|フラワー教室さんの事例

    秘書 名刺 デザイン シンプル
    ▲制作事例:パーソナルアシスタントさんの名刺デザイン
    関連記事:名刺をデザイン!シンプル・写真入りで印象に残る|秘書さんの事例

    お店の想いを伝える フライヤーデザインfl_01

    シンプルなフライヤーデザイン
    フライヤーデザインfl_01
    A4を三つ折りしたくらいの大きさのフライヤー。

    構成は基本的なお店の紹介。
    どんなサービスのお店で、実店舗はどこにあって(ネットショップでもOK)、SNSはここ見てね、
    こんな想い・心がけでモノづくりに取り組んでいます、おすすめ商品はこちらです..
    といった感じです。

    街で見かけるフライヤーで、なーんかおしゃれでいい感じなんだけど、何を売ってるお店なの??ということがたまにありますが、
    こちらのフライヤーは、シンプルだけど、しっかりとお客さんに伝わる構成にしていますので
    これに沿って、何を掲載するか考えていただけたら間違いないです。

    シンプルなフライヤーデザイン
    ▲制作事例:コーヒースタンドさんのフライヤーデザイン
    関連記事:フライヤーをデザイン!おしゃれなコーヒースタンドさんの作成事例

    ネイルサロン フライヤーデザイン
    ▲制作事例:ネイルサロンさんのフライヤーデザイン
    関連記事:フライヤーをデザイン!シンプルでお店の魅力を伝える|ネイルサロンさんの事例

    【おまけ】カメラが上達するには

    ここまで熱く語っておいてナンですが..
    私もカメラ自体は苦手です。なので今までカメラの本を何冊も読み、日々試行錯誤しています。
    実際に読んだ本をいくつかご紹介しますね。

    ▲私はこれが一番役立ちました。この本にある3つの要点を抑えたらカメラが扱いやすくなりました。

    ▲ひとつめの本は日常使い向けなのに対して、こちらは主に商品の撮影についてです。わかりやすい。

    ▲こちらはもう少し上級。カメラに慣れてきて、ただの置き撮りじゃなくてもうちょっとシーンぽくして遊びを入れたい時なんかに参考になります。

    まとめ:画像を使ったショップツールは伝わりやすい

    インスタとか見てても、みなさん、カメラのプロじゃなくてもすごく上手。
    キレイだし、かわいいし、素敵な写真ばかり。
    それくらいのクオリティーがあれば充分です。(そんなに大きな印刷物じゃないし)

    もちろん、もっとこだわりたい人、資金に余裕がある方はプロに撮影してもらうのがいいですね。

    写真が上手なのは大きなアドバンテージです。
    それを活かして素敵なショップツールを作りましょう!

    印刷見本のサンプルは

    上でご紹介した、ショップカード 名刺sc_09、フライヤーfl_01ともに実際の印刷サンプルをご覧いただけます。
    お取り寄せはサンプル請求ページからどうぞ。